お金持ちは『お金持ち』が集まる場所に住む?

近年の貯蓄の事情

最近、
住宅やお金に関する雑誌や新聞記事を見ていると、あることを実感します。



「お金持ちは『お金持ち』が集まる場所に住む」し、
それは国でも、街でも同じ事で、昔から変わらないんだなぁ・・と、いうことです。



どれだけ家計の苦しい人を、
新聞で取り上げられていても、
実はその陰で、お金を持っている人も急速に増えている現実があります。



近年の特徴といえるのは、
若い人の中にたくさんの貯蓄を持っている人が増えてることです。



例えば、30代独身の女性で、
3,000~4,000万円近い貯蓄を持っている人もポツポツと増えています。



「30代で4,000万円近い貯蓄!」などのマネー雑誌記事を目にすると・・



「親から相続でもらったんじゃないの?」
「収入がかなり高いんでしょ?」



などと、やっかみの声が聞こえてきそうですが、
そうともいえないのが最近の姿です。



「積立貯蓄で、コツコツと貯めてきました」・・というケースが多いからです。



自分の性格に合ったお金の貯め方を知っている人は、
世の中がどんなにデフレになろうと、
マイペースで順調に貯蓄を増やしています。



また、ここのところ不景気の影響で、
下がり続ける年収に不安を感じ、贅沢をしている訳でもないのに、
生活が苦しくなっている人も多くなっています。





お金に好かれるためにすべきこと

お金というのは、
持っていればいるほど増やすための選択肢も多くなり、
さらにお金を増やすチャンスに恵まれます。



逆に持っていないと、
生活がよりつましいものになってしまうし、
選択肢まで狭まってしまう特徴があることを知っておく必要があります。



若いときからきちんと貯蓄ができて、
ある程度のお金を持っている人は、
ヘンな誘惑に負けない限り、
そのまま安定した高齢期を迎えられると思います。



「お金持ちは『お金持ち』が集まる場所に住む?」というタイトルのとおり、
お金に好かれると、お金は何となくそばにいてくれるもの。



逆に嫌われてしまうと、
一生懸命貯めているつもりでも、
お金はいつの間にか別の誰かのところへ行って、
その誰かと仲良くしてしまいます・・。



お金に好かれるためにすべきことは何か?



それはまず、
お金持ちになりたい、それも自分自身の力で・・と、
強く願うことです。



そして、
自分に合った貯め方を知ること、考えることが大切だと思います。



特に、若い世代に貧富の差が広がっている。

お金に好かれるためには、自分に合った貯め方を知ることが大切。


[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player