大文字・五山送り火の点火時間

2014.0713_大文字_240px-Gozanokuribi_Daimonji3

精霊送り行事

五山の送り火とは、毎年8月16日に行われる京都の伝統行事。
京都四大行事の一つ、荘厳な夏の夜を演出する「大文字五山送り火」。

お精霊(おしょらい)さんが帰らはる―。

夏の夜空に燃え盛る五山の送り火は、
お盆の精霊を送る宗教行事ですが、京都の夏の風物詩としてあまりにも有名。



京都を囲む5つの山にそれぞれ、
「大文字」
「左大文字」
「船形」
「鳥居形」
「妙法」
の形に火をともすというもの。



五つの山に5種類の送り火を焚くところから、
「五山の送り火」と呼ばれるようになりました。



その起源は諸説に分かれるのですが、
平安時代とも室町時代ともいわれ、長い間、京の町の人々に親しまれています。



この五山の送り火は、
お盆の先祖供養の一般信仰「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と結びついたもの。
お盆に帰ってきた先祖の魂(精霊。「おしょらいさん」)を各家で供養した後、
再びあの世に送り出すという意味があります。



また、厄除けのご利益もあると信じられ、
送り火の灯を映した杯を飲むと、中風にかからないといわれている。



また、京都三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)に加えて、
京都四大行事とも言われている。





日程

2013年8月16日(金)時間:20:00~
料金:無料
場所:京都市内各所
問い合わせ先:京都市観光案内所(JR京都駅2階) TEL 075-343-6655





各山の送り火 よく見えるところ

大文字

 賀茂川(鴨川)堤防 / 丸太町橋~御薗橋の間

 北山通 / ノートルダム女学院付近

 高野川堤防 / 高野橋北付近

船形

 北山通 / 北山大橋から北西

左大文字

 西大路通 / 四条以北~金閣寺にかけて

鳥居形

 松尾橋・広沢の池など





複数の送り火がよく見えるところ

無料 ・船岡山公園頂上(ただし鳥居形見えず)





2013年8月16日五山送り火の点火予定時刻

大文字送り火

午後8時00分

松ヶ崎妙法送り火

午後8時10分

船形万燈籠送り火

午後8時15分

左大文字送り火

午後8時15分

鳥居形松明送り火

午後8時20分



2013.0803_(P)04船形fune2002s2013.0803_(P)03妙法myohou2002s2013.0803_(P)02鳥居形torii2002s2013.0803_(P)05左大文字hidari2002s2013.0803_(P)01大文字dai2002s



2013.0730_送り火map


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014.0713_みたらし祭り_8934311B86DD4BE5B2667395B0DD2A01_L
  2. 2014.1003_紅葉_e96862635b61b07cf0dc209cb0556e0e_s
  3. 2014.1002_01七五三_047119
  4. 2013.1113_00もみじimg_news
  5. 2014.0713_アサガオ種類_image
  6. 2014.0517_00_トップ_yjimage1Q4G8QWP
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player