朝顔の育て方とは?種まきから水やりまで画像付きで解説!

2014.0517_00_トップ_yjimage1Q4G8QWP

アサガオについて

名前の通り、アサガオの花は朝に咲きます。
まだ暗いうちから、つぼみが膨らみ始めます。
そして明るくなったときには、完全に開いています。



ただ、種類や季節によって、その時期はそれぞれ少し違います。
少し早起きして、その様子を観察してみましょう。





どんなアサガオを選ぶ?

アサガオの育て方は、たね選びから始まります。
好きな花の形や色、大きさや模様をよく考えて選びましょう。



お花屋さんで売っているたねは、紙の袋に入っています。



だから、袋の「表」と「裏」に書いてあることを、
しっかり読んでから買うようにしましょう。



このタネの中に芽をだして、
きれいな花を咲かせる不思議な力があります。
2014.0517_06_どんなアサガオ選ぶ_yjimage





表がわ

●タネの名前を見る。
「アサガオ」とか、「朝顔」と書いてあります。


●写真で、花の形や色を見る。
花が咲いたときの写真が印刷してあります。
それを見て、自分の好きな色や形、もようなどを選びましょう。

裏がわ

●「特性」と書いてあるところを読んで、特徴を調べる。
つるが長く伸びるのか、伸びないのか。
花の大きさはどれくらいか。
早咲きの花か、遅咲きの花か。

詳しく書いてあります。


●「栽培」と書いてあるところを見て、育て方を調べる。
いつ?タネを蒔くか。
いつごろか芽が出て、花が咲くのか。
どうすれば大きく育ち、たくさんの花が咲くか。





アサガオの好きなところ・嫌いなところ

アサガオは、もともと熱帯で生まれ育ったのです
そのふるさとを思いうかべながら、育てるところを考えましょう。
すると、アサガオが好きなところがよくわかります。



①日当たりがよく
②風通しの良いところ



そして、
③水はけがよく、栄養のある土のあるところ、になります。





好きなところ

【O】東がわに向いた玄関。

日当たりがよいと、土が温かくなり、タネが芽を出しやすい。



【O】南がわにあり、日あたりの良いベランダ。
午前中いっぱい、太陽の光が当たっていればじゅうぶん育つ。
太陽の光が、いちばん長く当たるところはいい。



嫌いなところ

たとえ南がわでも、
大きな木の下や屋根の下などは、土が温かくならないので、芽が出にくい。



【×】西日しか、当たらないところもよくない。
植物の成長のリズムがくるってしまう。



【×】北がわの日の当たらないところ。
コケがはえているような、湿っぽいところはよくない。





たねをまく苗床(なえどこ)を作ろう(1)

アサガオは、じょうぶな植物。
タネをそのまま、畑や花壇なとの地面に蒔いても、芽を出してくれる。

2014.0517_09_苗床_yjimage

でも、雨や風など天気のせいで、芽が出ないこともある。
だから、苗床(アサガオのベビーベット)を作ったほうが安心できる。
それに、畑や花壇のない人も育てられる。



1袋(ひとふくろ)分のタネを蒔くとき

1袋分のたね(6個)くらいなら、2つの植木ばちに分けて蒔こう。
はちの大きさは、自由。
はちに入れる土の深さは、10~15㎝ほどがちょうどよい。



タネをたくさん蒔きたいとき

20個とか、30個とか、たくさんのたねを蒔くときは、
魚屋さんや八百屋さんから、発泡スチロールや木箱をもらってくる。
10~15㎝くらいの深さのものがよい。



苗床は、水はけをよくしましょう。

苗床の下(3分の1)に、ごろ土や小石を入れると、水はけがよくなる。
上(3分の2)には、黒土と腐葉土(ふようど)を混ぜた土を重ねる。
芽が出るまでは、砂でもよい。



水抜きの穴あけを、忘れないようにしましょう。

箱の底に穴をあける。
穴をあけないと水がたまり、タネが腐ってしまう。


①太いくぎをベンチではさみ、ガスコンロの上の火で真っ赤に焼く。
(やけどしないように、注意しよう)


②焼けたくぎを箱の内側からさす。
穴と穴の間は、5㎝くらい離す。





タネをまく苗床をつくろう(2)

土をふるいに(5ミリ目)にかける。
小さなつぶの土だけが、下に落ちる。
ふるいに残ったごろ土や小石は、わきにのけておく。


↓↓↓↓↓↓


ごろ土や小石を、箱の中に入れる。
ごろ土や小石は、箱の底から3分の1くらいまで入れる。


↓↓↓↓↓↓


小さなつぶの黒土(くろつち)を、腐葉土(ふようど)と混ぜる。



黒土(1)対 腐葉土(1)



腐葉土には小枝が混じっていたり、大きな葉が入っていたりすることがある。
小枝は取ってしまい、葉は細かくちぎる。



腐葉土(ふようど)は、栄養満点のこやし。
花屋さんやスーパーで買える。



腐葉土は、枯れた葉を集めて腐らせたこやし。
植物がじょうぶに育つために、必要な栄養がたっぷり入っている。


↓↓↓↓↓↓


小石やごろ土の上に、黒土と腐葉土を混ぜた土を入れる。
入れ終わったら、手で土の上を平らにする。
これで、出来上がり。

2014.0517_10_苗床2_yjimageMGWYQVC0


【O】砂は水はけがよく、空気の通りもよい。
でも、芽が出たあと、大きく育つための栄養がありません。
苗床に使うときは、栄養を加えるようにしましょう。



【×】同じ黒土でも、田んぼの土や、粘土のように細かすぎるのも良くない。
水はけが悪く、空気の通りが良くないので、
タネは息ができなくなり、水につかったまま腐ってしまいます。





じょうずにタネをまこう

アサガオのたねは、かたい殻(から)をかぶっている。
だから、そのまま苗床に蒔いても、殻をやぶれなくて芽を出せないタネもあります。



そこで、タネに前もって水を吸わせておく。
すると、芽がでやくすなるほか、
ひとつぶの無駄もなく、苗に育てることができます。



コップなどの容器に、水に1日だけ、つけて置きます。
2014.0517_11_コップ_point01

【O】沈んだタネは水を吸って、1,5倍くらいに膨らむ。
それを苗床に蒔く。



【×】浮いたタネは、水を吸ってない。
紙やすりなどできずをつけ、今度はぬるま湯につけておく。
つけておくのは、一日だけ。



水を吸って膨らんだタネ

水を吸うと膨れあがり、殻にひびが入ることもあるが、心配はいらない。



タネ蒔きのコツ

①人差し指で、穴を掘る。
指先の曲がるところが、隠れる深さにする。
とがった方を、下に向けておくようにする。

2014.0517_11_タネ蒔きのコツ_yjimage05RKZZAA


②タネの上に土をかけ、平らにする。
土をかけたら、水やりを忘れないこと。



④苗床にまくタネは、5㎝くらい離す。
あまり近づけると、あとで芽が出たとき、葉と葉がぶつかってしまう。



ビニール・ポットタネを1個ずつ蒔くと、
あとで植えかえるとき、根をいためないので便利。

2014.0517_11_ポット_yjimageWYTMDKCA





芽が出るまで毎日、観察しよう。

1日後

タネが膨らみ、根を出す用意が始まる。



5日後

白い根が、にょっきりと顔をだし、ぐんぐん下に伸び始める



7~10日後

根が伸びるにつれ、タネが上にもち上がる。
その根から、毛のようなこまかい根が出てくる。



2週間後

タネが土の上にもち上がり、殻の中から2枚の小さなふた葉が顔を出す。
ふとい根から細い根が、枝わかれする。



15~16日後

殻がとれる。
首をたれていたふた葉が、太陽の光を浴びて上を向き、大きく葉を広げる。



3週間後

ふた葉の色が濃い緑になり、少しかたくなってくる。
それで、一人前の苗になる。
2014.0517_12_3週間ふた葉_yjimage8W0WD3HT



こうすると失敗する・・

【×】浅すぎると、タネが乾いて死んでしまう。
深すぎても温度が足りなくて、芽が出ないことがある。



【×】水やりを忘れると、たねが乾いて死んでしまう。
逆に、雨の日に水をやったり、苗床をいつも水浸しにしておくと、
今度は、タネが腐ってしまう。



【×】日かげに置くと、土の温度が上がらない。
土があたたかくならないと、芽がでない。



【×】タネとタネの間をくっつけすぎる。
そうすると、後で芽がでたとき、葉と葉がぶつかって、共倒れになる。
ゆったりと、すき間をとるようにしましょう。





本葉がでたら植えかえよう

2014.0517_13_本葉がでたら_yjimageXRNPTFFU

ふた葉がでて3~5日もすると、ふた葉の間から本葉がでてきます。
本葉がでると、すぐつるが伸び始めるので、その前に植えかえをしておきましょう。

苗の根をいためないように、植えかえるのがコツ。
苗の根をつつんでいる土ごと、そっくり植えかえるようにしましょう。



じょうずな植え方

「移植ごて」を使って、土ごと掘り起こす。
ふた葉の真下あたりを掘るのがコツ。


↓↓↓↓↓↓


根をいためないようにするため、土ごと、そっくり持ちあげる。


↓↓↓↓↓↓


土ごと、そっくり植えかえる。
そのときの深さも、前と同じ深さにする。



よくない植え方

【×】あせって根を切らないように注意する。
根を切ると、植えかえても育ちが悪い。



【×】間違っても、手でつまんで引き抜いたりしないこと。
根が切れてしまう。



【×】深く植えすぎると、葉が腐ってしまう。
でも、すぐにやり直しをすれば大丈夫。



あなたはどちらを選ぶ?

【地植え(じうえ)】
地面にアサガオの好きな土をもり、直(じか)に植える。

≪例≫
●南向きの「のき下」
●南向きの「垣根」
●南向きの「花だん」




【はち植え】
植木ばちなどに土を入れ、その中で育てる。

≪例≫
●プランター
●植木ばち(6~7号はち=18~21㎝)
●発泡スチロールの箱





「つる(蔓)」が伸びてきたら「ささえ」を立てよう

アサガオの茎は、つるになって伸びていく。
とくに、本葉の数が10まいくらいになったときから、
つるがモノに巻きつくようになる。



そうなる前に、つるのからまりやすい「ささえ」をしっかり立てよう。
倒れないように、注意しましょう。



「ささえ」の立て方(1)

鉢に植える場合、「ささえ」を立てる位置は、
真上から見てちょうど三角形になるようにする。
四角形でもかまわないが、ふつうは三角形にする。



「ささえ」の立て方(2)

地植えの場合、
1本のアサガオに、1本の「ささえ」を立てるようにする。



つるは右巻き?左巻き?!

つるの先は、真上から見ると左回りに伸びていく。
左へまわりながら、巻きつくものを探し当てるとからみつく。


そして、いったんからみつくと、けっしてずり落ちたりしない。
それは、つるにはえている下向きの細かい毛が、すべり止めになるからだ。
2014.0517_14_右巻き_yjimage6ZEL3E30





毎日「水」をやろう。

2014.0517_15_水_yjimage0RXEEWES

朝のすずしいときを選んで、水やりをします。
は、アサガオの命のようなもの。


人間がごはんを食べるのと同じで、食いだめはできません・・。
花が咲き終わり、枯れるまで、毎日1回忘れずに水を飲ませましょう。


【○】水は根で吸い上げる。だから根元に水をやろう。
【×】葉やつるに水をかけても、土にしみ込まなければ、なんにもならない。



水やりのコツ

① 土の表面が乾いていて白っぽくなるまでは、水をやらなくてもよい



② 白っぽくなったら、たっぷり水をやる。
  6号はち(直径18㎝くらい)なら、牛乳びん1本分くらいの水で足りる。



③ はちなどの底から、水が流れ出すまでやる。



水やりを忘れて、アサガオが枯れてしまったらどうする?

長い間、水をやらないと枯れてしまいます。
でも、まだ枯れないで残っているところがあったら、枯れた親づるだけ切り取りましょう。


すると、新しい芽が出てくることがある。
その芽を新しいつるに、育てるようにしましょう。



長い間、家を留守にするときはどうする?

洗面器に水をはり、その中に植木ばちを入れておきます。
そうすれば、1週間くらい家を留守にしてもだいじょうぶ。


ただし、水が多すぎないようにすること。
はちの下から3分の1が水に浸るくらいにする。


それ以上、はちが水中に沈むと、
はちの中が水浸しになり、根が腐ってしまう・・。





ときどき「こやし」を混ぜて「水」やりをしましょう

水をやるだけでも、アサガオは育つ。
花も咲く。



でも、良いタネが実らない
大きなタネをたくさん実らせるためには、こやしが必要。


ときどき液体の「こやし」を水に混ぜて、アサガオに食べさせてみましょう。
「こやし」は、お花屋さんで売っています。

2014.0517_16_こやし_yjimageCQ1Y5AJ2



青いつぼみがつくまで、1週間に1回の割合で「こやし」をやる。

青いつぼみがつくまでは、「うすい(薄い)こやし」。
●こやし(1dl)+水(1リットル)




つぼみが一つでも膨らんだら、1~2回やって止める。

つぼみが膨らんだら、「こい(濃い)こやし」。
●こやし(2dl)+水(1リットル)




「こやし」は水で薄めて使う

「こやし」は、濃いほど良いというものではありません。
濃過ぎると、つるが伸びすぎて、花の咲く時期が遅くなります。
決まった割合で、薄めて使うようにします。


① ビンについているカップで量をはかる。
② 決められた量の水を入れて、かき混ぜる。
③ じょうろで、水やりをする。





こんな時はどうする?

タネを蒔いてから、花が咲くまで2か月ほどかかります。
その間、アサガオが病気になったり、事故が起きたりすることがあります。



そんなときは、慌てずに手当てをしましょう。



つるがちぎれてしまった。どうしよう?

何かをぶっつけたり、引っかけたりして、つるがちぎれてしまうことがあります。
でも、心配することはありません。



すぐに葉のつけ根から、新しいつるの芽が、次々に出てきます。
その中で、元気のよいつるを2~3本選び、それを親づるにして育てましょう。



枯れたわけではないのに、葉が白くなり、かっ色になった。どうしてだろう?

始めは白っぽくて、だんだん茶かっ色になる。
でも、ある程度すすむと止まります。



これは、病気ではないので、心配することはありません。


光化学スモッグで空気が汚れていたり、酸性の雨が降ったときにでやすいのです。
品種によっては、
白っぽいまだら模様の葉をもつものがあるから、間違わないように、よく見ましょう。



水をやっているのに、しおれたまま・・。元気にならない。どうしよう?

水のやりすぎで、根が腐ってしまうことがあります。
そうなると、水を吸えなくなり、しおれてしまいます。
そんな時は、土を取りかえましょう。



① 植木ばちの周りをたたいてゆるくしてから、そっくり取り出す。
  根がからまった周りの土を、1~2㎝ほど崩す。



② 腐った根をとる。
  ぐにゃぐにゃしているから、腐った根はすぐわかる。



③ もとの植木ばちに植えかえる。
  周りに新しい土を入れ、割り箸などで突っついて、すき間を埋める。



④ そのまま、放っておく。
  葉がピンと張ってきたら、また水やりを始める。





花の命はたった半日

次々に咲いて、次々にしぼんでしまうアサガオの花。
種類によって、わずかな時間の違いはあっても、およそ半日しかもたない。



短い花の命を、大切にしましょう。





来年のために「タネ」をとっておこう

花が咲き終わると、その根もとが少しずつ膨らんできます。
それは、おしべの花粉がめしべの頭について、子房の中の実が育ち始めているからです。


実の中には、タネがたくさんつまっています。



じょうぶに育ったアサガオほど、大きな実をつくります。



みどり色の実が乾いて茶色になり、やがて割れて中のタネが見えてきます。
それから、タネをとりましょう。



よく乾いてからタネをとる

1個のタネから育ったアサガオが、たくさんのタネを実らせます。
そのタネが、また来年も新しい命を育てる。



だから、青い実が乾いて黒ずんできたら、丁寧にタネをとりましょう。



タネの保存のしかた

とったタネは、紙封筒に入れてとっておきます。
封筒に花の色や模様を描いておくと、タネを蒔くときに便利。





アサガオの一生

美しい花がしぼみ、みどりの葉が枯れても、アサガオのタネが残される。
そして、そのタネが、また新しい花を咲かせてくれます。



アサガオの一生はタネを残して終わってしまうが、
それは新しい「いのち(命)」の始まりでもあります。



だから、タネは生きています。



タネを蒔く

2014.0517_17_タネを蒔く_yjimageVDGYWQLB


① 根がでる。




② 芽がでる。

こまかい根も、伸びてくる。



③ ふた葉がでる。




④ 本葉がでる。

2014.0517_18_ふた葉本葉_yjimageM8IVCDD4



⑤ つるが伸びる。

2014.0517_19_つるがのびる_yjimageN4THYTE3



⑥花が咲く。

2014.0517_20_花がさく_yjimage6TEN36RF



⑦ 花がしおれて、タネが膨らむ。




⑧ タネが乾いて、こぼれ落ちる。




⑨タネをとる。

2014.0517_21_たねをとる_yjimage0RC06LQC


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014.0713_みたらし祭り_8934311B86DD4BE5B2667395B0DD2A01_L
  2. 2014.0713_大文字_240px-Gozanokuribi_Daimonji3
  3. 2014.0713_アサガオ種類_image
  4. 2013.1113_00もみじimg_news
  5. 2014.1003_紅葉_e96862635b61b07cf0dc209cb0556e0e_s
  6. 2014.1002_01七五三_047119
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player