孔子の名言・意味に学ぶ!学んで思わざればとは?

2013.1015_孔子kousi2

孔子(こうし/紀元前552年10月9日‐紀元前479年3月9日)
春秋時代の中国の思想家、哲学者。
儒家の始祖。


孔子

氏名は孔、諱は丘、字は仲尼。(ちゅうじ)
孔子とは尊称である。(子は先生という意味)


ヨーロッパでは、
ラテン語化された”Confucius”(孔夫子の音訳、夫子は先生への尊称)の名で知られています。





孔子の歴史

実力主義が横行し身分制秩序が解体されつつあった周末、
魯国に生まれ、
周初への復古を理想として身分制秩序の再編仁道政治を掲げました。



孔子の弟子たちは、
孔子の思想を奉じて教団を作り、戦国時代、儒家となって諸子百家の一家をなしました。



孔子と弟子たちの語録は『論語』にまとめられています。



3500人の弟子がいて、
特に「身の六芸に通じる者」として七十子がいました。



そのうち特に優れた高弟は孔門十哲と呼ばれ、その才能ごとに四科に分けられています。



すなわち、徳行顔回・閔子騫・冉伯牛・仲弓、
言語宰我・子貢、政事に冉有・子路、文学(学問のこと)子游・子夏である。



その他、孝の実践で知られ『孝経』の作者とされる曾参(曾子)がおり、
その弟子には孔子の孫で『中庸』の作者とされる子思がいます。



孔子の死後、儒家は八派に分かれました。



その中で孟軻(孟子)は性善説を唱え、
孔子が最高の徳目としたに加え、
実践が可能とされる徳目義の思想を主張し、
荀況(荀子)は性悪説を唱えて礼治主義を主張しました。



『詩』『書』『礼』『楽』『易』『春秋』といった周の書物を六経として儒家の経典とし、
その儒家的な解釈学の立場から、
『礼記』や『易伝』、『春秋左氏伝』『春秋公羊伝』『春秋穀梁伝』
といった注釈書や論文集である伝が整理されました。
(完成は漢代)



孔子の死後、孟子・荀子といった後継者を出したが、
戦国から漢初期にかけてはあまり勢力が振るいませんでした。



しかし前漢・後漢を通じた中で徐々に勢力を伸ばしていき、国教化されました。



以後、時代により高下はあるものの儒教中国思想の根幹たる存在となりました。



20世紀、文化大革命においては毛沢東とその部下達は、
批林批孔運動という孔子と林彪を結びつけて批判する運動を展開。



孔子は、封建主義を広めた中国史の悪人とされ、
林彪はその教えを現代に復古させようと言う現代の悪人であるとされました。



近年、中国共産党は、新儒教主義また儒教社会主義を提唱しはじめています。
(儒教参照)





孔子の経歴

フルネーム:孔丘
生誕:紀元前552年
死没:紀元前479年
時代:中国・春秋時代
学派:儒教
主な概念:仁、君子





21世紀「知恵の社会」に見る孔子の言葉

学校時代って、モテるのは遊んでいるほうで、
勉強を頑張っている人は「ガリ勉」とからかわれたり、ダサい人扱いをされていたと思うんです。


だけど、勝つのは勉強を続け、間違いなく努力をしている方です。



とくに、21世紀は「知恵の社会」です。



私は社会に出てから、つくづく、
勉強をしてスキルを身につけることが、
いちばん重要視されることを身をもって実感しました。



●勉強して何かをモノにしたい
●資格を取りたい
と、真剣に思うようになりました。


そんな時に、孔子の
『学んで思わざれば則(すなわ)ち罔(くら)し、思うて学ばざれば則ち殆(あやう)し。』


という言葉に、感銘を受けました。


「他人からの知識や意見ばかり得ようとして、自分自身で考えないと本当の真実はわからない。
 逆に自分の考えばかりで他人の考えを理解しようとしなければ、独断におちいってしまう。」


という意味です。


子どもや学生さんくらいに若いと、
脳はスポンジのようで、新しい知識やスキルを、どんどん吸収できるでしょう。


でも、悲しいかな・・。
齢を重ねるごとに、頭は固くなるものです。


なので私は、
レッスンやセミナーへ参加する際には、この言葉を胸に刻んでいます。
「私はそれを知っている」←NG!


このような目線で本や講師から学んでいたら、
新しい知識の吸収や、ひらめきもありません。
何より、自分なりに考えられなくなって、思考停止が一番怖い思います。


自分にとってピッタリの勉強法を見つけて、成功への道をまっすぐに進み続けたいですね。
それでは、他にも有名な孔子の言葉を紹介します。



孔子の言葉

(1)千里の旅も一歩から。

 これは言葉通り。何事もまずは最初から。


(2)過ぎたるは、なお及ばざるが如し。

 優れている、正しいことをしているからといって、
 何事もいき過ぎてしまうとかえってよくない結果になってしまう。


(3)君子は和して同ぜず。小人は同じて和せず。

 周りの人間と上手くやっていくけれども、流されることはない。


(4)怒りを遷(うつ)さず。

 怒りの気持ちを他人に向けるようなことをしない。
 八つ当たりをするな。


(5)先ず其の言を行い、而して後(のち)にこれに従う。

 まず、言葉を口にせずそれを実行する、その後で自分の主張をする。


(6)子曰く、人の己を知らざるを患えず、己の人を知らざるを患えん。

 人が私のことを知らないということなどは気にせず、
 私自身が人のことを知らないということを気にしなさい。


(7)道行われず、桴(いかだ)に乗りて海に浮ばん。

 この国で道が行なわれないようなら、いっそ海に出てしまおうか 。
 (その向こうの東夷の地に行ってしまおうか)


(8)朽ち木は雕るべからず。糞土の牆は朽るべからず。

 朽木は、柱にすることが出来ない。
 糞土で作った塀は、塗ることが出来ない。
 人の曲がった性根は、繕うことが出来ないという意味。
 四字熟語「朽木糞牆」の元となった。


(9)後生畏るべし。焉んぞ来者の今に如かざるを知らんや。

 自分より年少のものが、いつ自分を追い越すかわからない。
 つまり、若いからといって侮ってはならない。


(10)性相近きなり、習い相遠きなり。

 人間は先天的なものの差は小さいが、その後の教育においてその差が生じる。



≪参照:孔子さまの言葉≫


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014.0801_モーツァルト_image
  2. 2014.0819_04_更新アイ_IMG_0190
  3. 2014.0509_初音ミク_images
  4. 2014.1124_02_シャカ_017601
  5. 2014.0713_まりりん_image
  6. 2014.0817_01_京都三重アイ_83ba2c2038833f0054099f3bd4df86e0_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player