解散すると審議中の法案は?

解散すると審議中の法案は、全て審議未了、廃案に!

衆院が解散された場合、審議中の法案はどうなる?

衆院が解散されると参院も同時に閉会し、
衆参両院で審議中の法案は全て審議未了のまま、廃案となります。



成立させるには、衆院選以降の国会で再び提出し、審議し直す必要があるのです。





継続審議にはできないの?

通常、委員会での審議途中に国会の会期末を迎えた法案は、
本会議で議決すれば、次の国会への継続審議にできるます。



しかし、衆院解散の場合は、
解散の時点で衆院議員全員が議員の身分を失い、
選挙後は議員の構成が変わるため、継続審議にはできません。



参院は議員の構成は変わらりませんが、
先例により、衆院解散時に法案は継続審議にできないことになっているのです。



条約の承認や、国会同意人事も同様です。

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player