エボラ出血熱とは?高い死亡率だが空気感染はしない

エボラ出血熱のことが、日本でもニュースになっています。


流行している国に滞在していた人が、
帰国した時や、その後に発熱の症状があって、感染が疑われました。


結局、感染はしていなかったんですね。



エボラ出血熱とは?

ウイルスが原因です。



高熱や下痢などの症状が出て、5~9割の人が亡くなります。
特効薬はまだないから、点滴をするなどして治療をします。



エボラ出血熱はうつりやすい?

空気を通じては、感染しません。
症状が出ていない患者から感染することもないのです。



簡単にうつる病気じゃないのですが、
ただ、患者の血液や唾液などに触れると、
傷口などからウイルスが入ってしまうことがあります。



患者は他の人と離す必要があるし、医療にあたる人は厳重な注意が必要なのです。





世界ではどんな状況?

西アフリカのリベリアなどを中心に、
感染者が1万3000人を超え、死者は約5000人になりました。





日本の対策とは?

感染して症状が出るまで、「2日から21日」あります。



だから、空港に着いた人に発熱の有無や、
流行国に過去21日間の滞在歴があるか確認するなどして警戒をしています。





エボラ出血熱のドキュメンタリー

ホットゾーンは、エボラ出血熱が主人公です。
感染したときの苦しさが、克明に記されています。

想良は、この本を読みながら、本当に怖い思いをしました。
当時はまだ、エボラが発見されたくらいの時でした。

2014年11月現在では、世界規模での警戒を余儀なくされるウイルスとなりました。

今は、図書館や古本屋さんで手に取ることができると思います。
表紙は、下記のデザインです。



[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player