老人ホームの候補を絞り込んだ後の着目点とは?

老人ホームを絞り込んだ後の着目点



高齢期の住み替えに際し、
予算や希望タイプで候補を絞り込んだ後は、どんな点に着目すれば良いんでしょうか。



満足度を左右する大きなポイントは食事!



費用は施設によって月3万円台~10万円超と大きな開きがあり、
品数などを見るためにも試食するのが一番です。



レクリエーションの予定表もチェックすると良いです。



全く行わない施設、全員参加が原則、
別途参加費が必要など差があり、好みが分かれます。



また、職員の働きぶりは、サービスの質に直結します。
勤続年数や年齢構成、離職率なども聞いてみるべきですね。



医療機関との連携や、
看取りへの考え方などは、細かな部分まで確認したいものです。



看護師がいるとされていても、

「夜間は不在で医療行為は難しい」
「(おなかに開けた穴から管を入れる)胃ろうは不可」

・・など、対応が異なるためです。



いずれも、日頃の情報収集が大切になるんです。



長く住むほど、生活の「彩り」が重要さを増します。



見学会、体験入居などを利用してじっくり見極めるのが、ポイントです。




入居する際に重視したこと

  • 立地や周辺環境
  • 経営状況や事業者の信頼性
  • サービスの内容(食事・健康管理・介護など)
  • 専用居室など施設・建物
  • 職員の人柄や対応

※2009年度、公益社団法人全国有料老人ホーム協会調べ。
 有料老人ホーム入居者の意識調査より

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player