失業給付とは?

再就職まで一定期間支援する制度

あなたは、失業給付をもらったことがありますか?
私はあります。



不景気やリストラの話なんて、
新聞やテレビニュースの世界だと思っていたら、
勤めていたリフォーム会社の営業所が、突然閉鎖。



今から思うと、
突然だと思ったのは、一般の社員だけなんですね。



経営者は、
一体いつから閉鎖を予定していたのでしょう。



会社都合なので、
すぐに給付金を受け取ることができましたが・・。



まったく転職の予定もしていなかったので、
その給付金で、教育訓練給付金を利用して資格を取りに行きました。



結果的には、
ステップアップできたので、良かったんです^^;





失業給付とは?

失業給付は、
仕事を辞めた人が、生活の心配をしないで次の仕事を探せるように、
国が運営する雇用保険から支給されるお金のことです。



正確には「基本手当」と言われます。



どんな人がもらえるのか?というと、雇用保険に加入していた人になります。



雇用保険は原則、民間会社などで働く人のうち、

「週の労働時間が20時間以上」
「31日以上続けて雇われる見込みがある」

これらの条件を満たしてる人が、加入します。



手続きは会社が行い、
毎月、賃金に応じた保険料を会社と労働者が払います。



この条件を満たせば、アルバイトやパートでも加入します。
ただし、失業給付をもらうには、一定の加入期間が必要になります。



基本的には、仕事を辞める前の2年間のうち、
通算で、12か月以上加入していることが条件になります。



でも、会社の都合で解雇されたり、
倒産して失業したりした人などは、
仕事を辞める前の1年間で、6か月以上加入していればもらえるのです。





どんな手続きが必要?

ハローワークで求職を申し込み、
会社から受け取った「離職票」を提出します。



そのうえで「失業の状態にある」と認定されることが必要になります。



なぜなら、失業とは、

「就職する意思と能力があるのに就職できず、積極的に職を探している状態」

をいうからです。



だから、結婚して家事に専念すると決めている場合や、
定年後に働くつもりがない人などは、対象にならないのです。



給付が始まっても、4週間に1度、
ハローワークで「失業している」と認定されなければならなりません。




失業給付の支給額はいくら?

年齢や賃金によって異なりますが、
1日あたり、離職前の賃金(日額)の45%~80%の賃金(上限あり)。



賃金が低かった人ほど、割合が高くなるのです。



厚生労働省が示すモデルケースでは、
30歳代の場合、離職前の給与が月40万円なら、失業給付は月約20万円。



給与が月10万円なら、給付は8万円になります。





失業給付はどのくらいの期間、もらえる?

仕事を辞めた理由で、大きく違うんです。



解雇や倒産で失業した場合は、年齢や加入期間により90日~330日。



今の仕事が気に入らないなどの、
自己都合で辞めた場合は、90日~150日になります。



ただし、仕事を辞めた日から原則1年が過ぎると、
日数が残っていても受け取れなくなります。



また、会社都合の場合は、
手続きの8日後から支給が始まりますが、
自己都合だと、さらに3か月待たないといけないのです。




何人ぐらいが失業給付をもらっているの?

厚労省によると、
2013年度は、月平均で約52万7000人でした。



景気の影響を受けやすく、過去10年をみると、
アメリカの大手証券会社が破綻した「リーマン・ショック」(2008年9月)で、
世界的に経済が冷え込んだ2009年度に急増しました。



ここ数年は、景気の回復基調などで減少傾向にあるようですね。



終身雇用が崩れ、失業・転職が以前よりも珍しくなくなっています。
だから、失業給付の役割も重要性が増しているのです。

[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player