就学前の住宅購入、第2子を希望!現在の家計管理で大丈夫?

2014.1028_02_就学前の住宅購入_d278e1b51e868cdf399897c5710ad387_s

質問

就学前の住宅購入、第2子を希望。
現在の家計管理で大丈夫?



駿和(夫・32歳・会社員) 和花(妻・27歳・会社員) 子2歳

子どもが小学校に上がる前に、住宅購入を希望。
まだ貯蓄額は少ないですが、3000万円程度の物件は可能でしょうか?



また、来年ぐらいに第2子を考えていますが、
現在の家計管理で大丈夫でしょうか?



出産後も妻は退職せず、育児休暇を取った後に復帰する予定です。
子どもが望めば私立に進学させたいですが、基本は公立で考えています。




家計簿


【収入】
夫     22,0000
妻     230,000
児童手当   15,000
*──────────────────────*
計     465,000
(社会保険・税天引き。賞与夫20万円、妻60万円)


【支出】
家賃       90,000
食費(外食費含む)25,000
雑費       5,000
子ども関係    9,000
レジャー費    3,000
水・光熱費    14,000
通信費      20,000
医療保険(夫婦分) 7,000
自動車保険     6,000
ガソリン代  9,000
夫小遣い  30,000
妻小遣い     15,000
奨学金返済  20,000
保育料  25,000
養老保険  25,000
学資保険  8,000
子ども用貯蓄  15,000
貯蓄  100,000
*──────────────────────*
合計       426,000
黒字        39,000

※貯蓄200万円



ムダがなく、貯蓄率の高い家計。
妻の収入変動を見越して計画を!





今後のマネー生活

第1子出産までは、
貯蓄がほとんどできていなかったとのこと。



夫婦共働きで、
かなりゆとりのある生活を送られていたことかと思います。



一度緩んだ財布のひもを締めるのはそう簡単にはいかないものですが、
お子さまの存在が、ここまで「優秀な家計」に変身させたのですね。



家賃を除いた基本生活費は、
14万3000円程度に抑えられており、ムダはありません。



働きながらの家事・育児で食費が膨らみそうなところですが、
外食込みで2万5000円はmお見事です。



また、貯蓄率は、
毎月の貯蓄と、貯蓄性保険だけで年間28%を達成。



毎月のやりくりはこのままの調子を維持し、
賞与の一部は、頑張っているごほうびとして、
自分たちのために使ってみてください。



マイホームについて、仮に、
4年後(夫36歳)に3150万円(諸費用込み)の物件を購入するとしましょう。



頭金500万円、返済期間30年、
金利3.0%(全期間固定)で2650万円のローンを組むと、
毎月の返済額は11万2000円。



現在の家賃9万円にプラス2万2000円、
そして、固定資産税分1万円が、月々に加算される計算になります。



第2子誕生、2人のお子さまが高校から私立に通われたとしても完済できそう。
貯蓄する余力も十分にありますね。



ただし、これらの試算は、
奥さまの手取り年収を現状維持できることが前提になっています。



第2子誕生後も、今の会社で働き続けることができるか?
その場合、何歳まで働けそうか?
就労時間の短縮により見込み収入が減少しないか?



・・・といった点において、
先の見通しがある程度つく状態になった時点で、
再度、無理なく購入できる物件価格について試算してみるのがいいでしょう。



ご主人の収入が年齢とともにアップすれば、奥さまの必要な収入額は下がります。



「夫婦合算方式」で、
今の世帯収入が維持できるかがポイントですよ。


Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014.1002_06_家計簿遺族年金_3226ef945c8d9d2cd883233db2fde5d0_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player