年金の学生納付特例について

2014.1001_学生納付特例_290a66e2aacb42cc2cffc5cec1249720_s

国民年金保険料支払い先延ばし

国民年金の保険料は、大学生も払います。
社会人になってからでいいというわけではありません。



20歳以上60歳未満の人は、
全員が国民年金制度に加入し、保険料を納めるのが原則なんです。



今年度(2014年)の保険料は月1万5250円。



学生は収入がないことが多いから、結構高いですよね。
だから、保険料の支払いを最大10年間先延ばしできる「学生納付特例制度」があります。





年金の学生納付特例とは?

手続きをすれば、在学中は保険料を納めなくてよく、
その間も年金の受給に必要な加入期間に数えてもらえます。



万一、障害を負った時には、
障害基礎年金を受け取ることができます。



大学での病気や交通事故、
スポーツ事故などにも備えることができます。



アルバイトをしていたり、
親が働いていたりしてもいいることとは関係なく、
学生本人の前年の所得が118万円以下なら、
大学生や大学院生、専門学校生も対象になります。



アルバイトだけで、この額を超えることはめったにないですよね。
2013年度は、20歳以上の学生の約6割にあたる176万人が利用しています。



でも「先延ばし」だから、卒業後に払うことになります。



本来の支払期限から10年以内なら、後から納める「追納」ができます。



追納をしなと、
この期間は保険料を全く納めなかったことになり、
将来、受け取る年金額が減ってしまうので注意が必要になります。



低所得者向けの「免除制度」だと、
保険料を納めなかった期間も、
一定の割合で老後の年金額の計算に反映されるけど、
学生は、免除制度を利用できません。





学生の納付特例制度の申請手続き

市区町村の窓口や年金事務所、
日本年金機構のホームページで申請書を手に入れて、
年金手帳に記載されている基礎年金番号を書き、
学生証の写しなどを添えて提出すればいいのです。



年金手帳は、手元にありますか?



20歳以上になったら、
住民票を登録している市区町村の窓口で、
国民年金の加入手続きをして、もらうものです。



放っておくと、誕生日から約2か月後に送られてきます。



住民票を移さないまま一人暮らしをしている学生は、
親元に届いているかもしれませんね。





後から払う場合、金額は変わるのかな?

年金の保険料は、早く払うほど特になる仕組みになっています。



本来の支払期限から2年を過ぎると、
原則その翌年度から当時の保険料に加算額が上乗せされます。



例えば、2006年度の保険料を今年度払う場合、
月1万3860円だった保険料に980円が加算され、
ひと月あたり1万4840円払わないといけません。



一方、半年分や1年分を、まとめて先に払えば割引されます。



今年2014年4月からは、
2年分を講座振替で先に納める「2年前納」ができるようになりました。
これだと、2年で1万4800円得することになります。



「僕は無理だけど、お父さんに頼めば払ってくれるかもしれないな。」
というケースもありますよね。



家族が代わりに払う場合、
その分の費用は社会保険料控除の対象となり、家族は税金が節約できます。





まとめ

学生納付特例を利用するのもいいけれど、
家族と相談して、一番よい方法を考えてみましょう。



後から払うと、金額変わる!
早く払うほど、得なんです。





学生納付特例を利用した2004年度、2005年度の保険料を今、追納する場合・・・


●2004年度分は
(1万3300円+1450円)×12か月=17万7000円


●2005年度分
(1万3580円+1210円)×12か月=17万7480円


●合計 35万4480円





過去の保険料を今、納めるといくら?
当時の保険料額 加算額
2004年度分 13,300 1,450
2005年度分 13,580 1,210
2006年度分 13,860 980
2007年度分 14,100 780
2008年度分 14,410 590
2009年度分 14,660 410
2010年度分 15,100 240
2011年度分 15,020 110
2012年度分 14,980 0
2013年度分 15,040 0





学生納付特例と未納の違い
学生納付特例 手続きせず未納
受給資格期間に数えるか ×
将来の年金額が増えるか 追納あり○
追納なし×
×
障害基礎年金を
受けられるか
×



Sponsored Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014.0810_02_社会保障_c2207037a011e694663395652d71b653_s
  2. 2014.1111_01_失業給付とは?_a68a57a36b1a75c8b23e08878712136e_s
  3. 2014.1002_09免税_e6d5fdc0602f6f4dc90abe295483906e_s
  4. 2014.0924_02_軽老人ホーム_d7923b3b35a8bb68afe6fb8e1d1a4e49_s
  5. 2014.1112_02_老人ホーム_d7923b3b35a8bb68afe6fb8e1d1a4e49_s
  6. 2014.0924_01_病院と診療所_3909efccbf078e3457b8de352200a5f3_s
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player