軽老人ホームの特徴とは?料金で救える命がある

軽老人ホーム 定員約9万人分 待機者多く

サービス付き高齢者向け住宅などより、
費用の負担が軽いのが「軽老人ホーム」です。


原則として、60歳以上の人が対象になります。





軽老人ホームの特徴

食事と生活支援がついたA型と、
自炊が基本のB型が従来あったタイプです。


これに加え、
サラリーマンの老後の住宅策として、
食事付きの「ケアハウス」が、1990年に作られました。


2000年以降は、
介護保険のサービスが使えるようになりました。


2010年には、都市部でも整備がしやすいよう、
部屋数が少なく、面積が狭い「都市型」が設けられました。


現在、新設されているのはケアハウスと都市型だけになります。





利用料金の目安

ケアハウスのうち約2割は、
施設内部で介護サービスが提供される「介護付き」で、
それ以外は、外部の事業者と契約して介護を受けます。


主に社会福祉法人が運営していて、
整備費や運営費に都道府県の補助があるため、
利用者の自己負担は比較的安いのです。


A型で月額6万円~7万円、
ケアハウスで、同9万円弱程度になっています。


全国で約2200施設、
定員は約9万人分しかなく、待機者がいる施設が多い。


近くにあるかどうか知りたい場合は、
市区町村か都道府県に問い合わせを。







軽老人ホームの特徴
面積基準 介護サービス
ケアハウス 21.6㎡(単身)
31.9㎡(夫婦)
一部は「介護付き」。
ほかは外部事業者と契約する
都市型 7.43㎡以上。
10.65㎡が望ましい
一部は「介護付き」。
ほかは外部事業者と契約する
A型 6.6㎡ 一部は「介護付き」。
ほかは外部事業者と契約する
B型 16.5㎡(単身)
24.8㎡(夫婦
なし





老人ホーム・グループホーム・介護施設・高齢者住宅、全国1900施設以上と提携。
HPより資料請求・見学予約が簡単に行えます。
HPリニューアルにより登録施設、随時追加中。
何よりも経験豊富な業界経験者が相談に対応し、
ご家族をサポートする安心な紹介センターです。
もちろん、相談料等は一切頂かない、
無料の老人ホーム・介護施設紹介センター【ケアプロデュ─ス】です。


経験豊富な専門スタッフがご家族と一緒に老人ホームを探します。


[`yahoo` not found]
[`buzzurl` not found]
[`evernote` not found]
LINEで送る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

このサイトについて

サイト運営者  想良(そら)

プロフィールはこちら

Twitter はこちら

このブログのテンプレートは、
Cyfonsシステム の特典より入手できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
Get Adobe Flash player